RISA KAWAMURA photography portfolio website

about

  • English
  • Japanese

Risa Kawamura

Lives in Tokyo, Japan
B.A. in English and American Literature, Aoyama Gakuin University.
Participated in photography short course at Central Saint Martins, University of the Arts London in July-September 2014. I became passionate about working with street scenes and people as subjects during the course.

Selected as a Finalist in the 5th Canon Photographers' Session for "Telling Stories".

Solo Exhibitions

2020
"Curtain Call", EPSON SQUARE MARUNOUCHI epSITE (Tokyo, Japan)
2018
"Telling Stories", Place M (Tokyo, Japan)

Group Exhibitions

2016
"The 5th Canon Photographers' Session -FINALIST EXHIBITION-", Canon Open Gallery2 Shinagawa (Tokyo, Japan)
2014
"KEMURI", Roonie・247・Photography (Tokyo, Japan)

河村 理沙

神奈川県出身、東京都在住
青山学院大学文学部英米文学科卒業
2014年7月-9月、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズに短期留学。
同校の写真ショートコースの受講を機に街や人を被写体とした作品の制作を始める。

「Telling Stories」で第5回キヤノンフォトグラファーズセッション ファイナリストに選出。

個展

2020
「Curtain Call」, エプソンスクエア丸の内 エプサイト (東京)
2018
「Telling Stories」, Place M (東京)

グループ展

2016
第5回キヤノンフォトグラファーズセッション「ファイナリスト展」, キヤノンオープンギャラリー2 品川 (東京)
2014
グループ展「けむり」, ルーニィ・247・フォトグラフィー (東京)